コンテンツにスキップする

ユーロ圏製造業:3月の拡大加速、独仏伊の指数そろって上昇

ユーロ圏では3月に製造業活動の拡大が加速 した。世界経済の改善で域内経済大国の輸出需要が伸びた。

IHSマークイットが3日発表した3月のユーロ圏製造業購買担当 者指数(PMI)改定値は56.2と2月の55.4から上昇し、2011年以来の 高水準となった。ドイツとフランス、イタリアの指数がいずれも前月を 上回り、3国とも新規輸出事業が拡大した。

マークイットはまた、ユーロ相場と商品価格の動きに絡んだインフ レ圧力の高まりについて警鐘を鳴らした。3月に出荷価格は伸びが加速 し6年ぶり高水準付近、同時に、供給業者は需要増大への対応に追われ ている。

マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は 「春を迎える中でユーロ圏の製造業は明らかに好況に沸いているが、供 給の遅れやコスト上昇という痛みにも見舞われている」とし、「供給の 遅れはインフレ圧力の高まりを示唆する警戒信号だ。注文の多い供給業 者は多くの場合、値上げが可能だ」と指摘した。

原題:Euro-Area Factory Recovery Broadens as Italy, France Improve(抜粋)

--取材協力:Mark Evans.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE