31日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ニューヨーク連銀のダドリー総裁は今年あと2回の利上げは妥当のように思われるとした一方、景気が過熱していないことを踏まえれば急ぐ必要はないと述べた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下。米10年債利回りの低下につられた。ドル指数は週間ベースでは3週ぶりに上昇した一方、四半期では3%超の下落となった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。ドルは対円で0.5%安の1ドル=111円39銭。対ユーロでは0.2%高の1ユーロ=1.0652ドル。

  ユーロは取引終盤に下落。トランプ米大統領は貿易不均衡の是正を目指す大統領令に署名した。

  ドルは一部の新興国通貨や資源国通貨に対して上昇したことで、G10通貨に対する下げをやや埋めた。南アフリカ共和国のズマ大統領がゴーダン財務相を解任したことを受け、ランドは一時2.6%安となったが、その後は下げ幅を縮小した。

  ドルは対円では一時111円25銭まで下げる場面があった。日本の年度末で、邦銀の市場参加者は少なかった。来週になって日本のプレーヤーが市場に戻ってくれば、新たなドル需要がみられる可能性があると、ロンドンのトレーダーは話した。

  ダドリー総裁はこの日、フロリダ州サラソタでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、連邦公開市場委員会(FOMC)参加者17人の予測中央値である今年3回の利上げについて、「妥当な状況にあると私は考えている」とし、「今年あと2回の利上げは妥当のように思われる」と続けた。その上で、「速いペースでの政策引き締めを余儀なくされるような非常に急がされる状況ではない」とも述べ、「景気が過熱していないことは明らか」だからだと説明した。

原題:Dollar Drops to Low After Dudley Says No Rush to Increase Rates(抜粋)、EUR Sinks to Fresh Low 1.0656; Bids Cushion as Stops Lurk Nearby(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE