米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の組み立て生産を手掛ける台湾の鴻海精密工業が発表した2016年通期決算は、利益が予想を上回った。極めて重要な年末商戦を含む10-12月のアイフォーン販売台数が過去最大を記録したことが寄与した。

  鴻海の16年の純利益は前年比1.2%増の1487億台湾ドル(約5480億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は1293億台湾ドルだった。

  ブルームバーグがまとめたデータによれば、「フォックスコン」との名前でも知られる鴻海は売上高のほぼ半分をアップルから得ている。アップルは昨年10-12月に過去最多となる7830万台のアイフォーンを出荷した。

  鴻海傘下に入ったシャープも利益に貢献した。同社は先月、10-12月に四半期ベースとしてはここ2年余りで初の黒字を確保したことを明らかにした。

原題:Hon Hai Profit Beats Estimates As iPhone Sales Set a Record(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE