トルコ:10-12月GDPは前年比3.5%増、予想上回る-消費が追い風

  • 家計支出は前年同期比5.7%増加
  • 2016年成長率は2.9%、前年の6.1%から減速

トルコ経済の昨年10-12月(第4四半期)の拡大ペースは予想を上回った。家計支出増加がクーデター未遂後の経済活動への追い風となった。

  トルコ統計局が31日発表した10-12月国内総生産(GDP)は前年同期比3.5%増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト調査の中央値では1.9%増が見込まれていた。前期比では季節調整済みで3.8%増加した。2016年通年の成長率は2.9%と、前年の6.1%から減速した。

  7月のクーデター未遂後、家計支出と政府支出が伸びた。数年ぶりにマイナス成長に陥った7-9月(第3四半期)のGDPは前年同期比1.3%減と、従来の1.8%減から修正された。政府は景気をてこ入れするため雇用と農業生産の拡大奨励策のほか、観光業界向けに優遇税制措置を打ち出した。 

  統計局によると、10-12月の政府支出は前年同期比0.8%増、経済成長の原動力である家計支出は5.7%増えた。

原題:Turkey Private Consumption Boosts GDP Growth Above All Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE