米マクドナルド:未冷凍牛肉のバーガーを提供へ-冷凍肉から戦略転換

マクドナルドは2018年に、大多数の店舗で未冷凍の牛肉を使用した「クオーターパウンダー」のハンバーガー提供を開始する。食品の質改善を目指し、数十年にわたり続けてきた冷凍パティから転換する。

  同社は30日の発表資料で、テキサス州とオクラホマ州の計325店舗で試験的に提供を開始し、顧客の反応は「圧倒的にポジティブ」だったと説明した。2018年半ばまでに全国で導入する。注文を受けてから未冷凍の牛肉を使ったバーガーが調理されるという。

  パティの変更はクオーターパウンダーのみで、「ビッグマック」など他のバーガーは従来通り。

原題:McDonald’s Plans to Use Fresh Beef Nationwide in Strategic Shift(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE