欧州委員会のユンケル委員長は、英国の欧州連合(EU)離脱を支持するトランプ大統領に反撃し、それなら自分は米国からの独立を望む州を後押しするだろうと語った。

  ユンケル氏は自身が所属するキリスト教民主主義系の政治会派、欧州人民党の代表者らに対して、「米国で新たに選出された大統領は英国のEU離脱を歓迎し、他国もこれに続くようけしかけている」と指摘。「このような態度を続けるなら、私はオハイオの独立やテキサスの離脱を応援する」と述べた。

  この発言はEU離脱の炎をあおるトランプ大統領に対し、EU首脳間で怒りが高まっていることを示すものだ。テキサス州立図書館・公文書館委員会によると、同州はメキシコから離脱した後の1836年に独立共和国を宣言し、米国に1845年まで加わらなかった歴史がある。

原題:EU Chief to Trump: Mess With Brexit and I’ll Mess With Texas (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE