トランプ大統領、下院共和党保守派を批判-協力拒否なら戦う用意

更新日時
  • ツイートで「下院自由議員連盟」に協調を求める
  • 共和党内にはオバマケア代替法案の再採決を目指す動きも

トランプ米大統領は、医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃・代替案に反対した下院共和党保守派グループ「下院自由議員連盟」と「戦う」用意があると表明し、議員数人を名指しした上で同連盟が党のアジェンダ全体の足を引っ張りかねないと警告した。オバマケア代替案の撤回を余儀なくされた後の混乱の根深さを露呈した。

ライアン下院議長(3月28日)

Photographer: Mark Wilson/Getty Images

  トランプ大統領は30日午前のツイートで、「自由議員連盟が協力して迅速に動かなければ、共和党のアジェンダ全てに悪影響をもたらす。2018年には彼らと、そして民主党と戦わなければならない」と述べた。またその後のツイートで、同連盟を率いるマーク・メドウズ議員や、共同創設者のジム・ジョーダン、ラウル・ラブラドール両議員が「われわれの陣営に加われば、偉大な医療制度と、大規模な税制改革・減税の双方を実現するだろう」と指摘した。

  先週のオバマケア代替案の採決断念で苦汁をなめたライアン下院議長は30日に記者団に対し、下院共和党の90%が同案を支持していたことを考えると、大統領のいら立ちは理解できると述べた。同議長はこの発言に先立ち、共和党が団結しなければ、トランプ大統領はオバマケア修正で民主党との交渉に傾く可能性があるとCBSに語っていた。

  29日には下院共和党議員数人が、来週中に同党はオバマケア代替法案の再採決を試みる可能性があると述べていた。しかし党指導部はこの発言の打ち消しに努めた。スカリス下院院内幹事は「来週中の採決はないだろう。下院議長が予定を組む。しかし来週にはないとみている」と語った。ライアン議長は30日に記者団に対し、これは極めて大きな問題であり、適切に処理する必要があるため、形だけの期限を設けることはしないと述べた。

OMB局長が脅し

  スパイサー大統領報道官は、トランプ大統領がオバマケア代替案に反対する自由議員連盟メンバーの対抗候補を予備選で立てる可能性を示唆しているのかとの質問に対し、コメントを控えた。

  しかし、同連盟メンバーのマーク・サンフォード議員(サウスカロライナ州)は、元下院議員のマルバニー行政管理予算局(OMB)局長からそうした脅しを受けたことをポスト・アンド・クーリエ紙に明らかにした。

原題:Trump Taunts Freedom Caucus on Obamacare Amid GOP Recriminations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE