サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは新規株式公開(IPO)関連業務で米JPモルガン・チェースとモルガン・スタンレー、英HSBCホールディングスを起用したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。アラムコは史上最大となる見込みのIPOを準備している。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、これらの銀行は上場についてのアドバイザーを務める。アラムコの担当者はうわさや臆測にコメントしないと述べた。JPモルガンとモルガン・スタンレーの担当者はコメントを控え、HSBCからは応答がない。3行の起用については30日、先にロイター通信が報じていた。

  関係者は先に、モーリスとエバーコア・パートナーズ、元シティグループのバンカーのマイケル・クライン氏が既にアラムコIPOの業務を請け負ったと明らかにしていた。3行はこれに加わることになる。

  サウジアラビアはアラムコ株の最大5%の放出を目指している。政府は同社の企業価値を2兆ドル(約222兆円)と見積もっており、IPOは過去最大規模となる公算。

原題:Aramco Said to Hire JPMorgan, Morgan Stanley, HSBC for IPO Roles(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE