ユーロ圏の景況感指数は3月に予想に反して低下した。域内景気回復への政治的不透明からの影響が想定よりも大きい可能性が示唆された。

  欧州連合(EU)の欧州委員会が30日発表した3月のユーロ圏景況感指数は107.9と、2月の108.0を下回ったものの、依然として2011年以来の高水準付近にある。ブルームバーグがまとめた調査でのエコノミスト予想中央値は108.3への上昇だった。

  英国がEU離脱プロセスを開始、ユーロ圏の2大経済であるドイツとフランスが国政選挙を控えるなど2017年が波乱の年となる条件はそろっているが、これまでのところ政治的不透明は成長に影響を及ぼしていない。3月の消費者信頼感は改善、失業率は低下傾向にある。

原題:Euro-Area Economic Confidence Unexpectedly Slips in March(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE