スウェーデンの衣料小売り、ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)は、3年ぶりとなる新しいブランド「アーケット」を立ち上げることを明らかにした。欧州主要市場での売り上げ回復が狙い。

  アーケットは2014年の「アンド・アザー・ストーリーズ」以来の新ブランドとなる。H&Mの30日発表によると、第1号店はロンドンに今秋オープンし、ブリュッセルやコペンハーゲン、ミュンヘンにも出店を予定。オンライン販売も欧州18カ国で開始する。衣料品のほか、家具やインテリアなども取扱い、価格は同社の中核ブランドをやや上回る水準に設定する。

  欧州衣料小売り業界では、「ZARA」などを展開するスペインのインディテックスが電子商取引に大きく注力。H&Mは同社の拡大ペースについて行けず、新たな収入源を模索している。

  H&Mが同日発表した16年12月ー17年2月(第1四半期)決算は、税引き前利益が前年同期比3.6%減の32億1000万クローナ(約400億円)。アナリスト予想の平均は30億3000万クローナだった。
   

原題:H&M Unveils New Brand as Firm Seeks to Revive Profit (Correct)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE