シンガポール取引所:協力や資本提携、合併探り予備協議-関係者

シンガポール取引所(SGX)が最近、海外の取引所運営会社と提携の可能性について予備的な協議を行った。事情に詳しい関係者が明らかにした。SGXは東南アジア最大の株式・デリバティブ取引所を運営している。

  米国のナスダックCMEグループなどが関与する話し合いでは、協力や資本提携、さらに全面的な合併などの可能性が取り上げられた。詳細は非公開だとして関係者が匿名を条件に語った。

  関係者によれば、SGXはアドバイザーなどは起用しておらず、協議をどのように進めていくかについて正式な決定はなされていない。現時点で進行中の協議があるどうかは不明だという。SGXとナスダック、CMEの担当者はコメントを控えた。

原題:Singapore Exchange Said to Mull Tie-Ups as Deals Grow Harder(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE