韓国のサムスン電子は29日、旗艦スマートフォンの新型モデル「ギャラクシーS8」と「S8プラス」を発表した。人体に危害を起こさないよう確実を期したほか、顔認証機能やシステム全体の音声コントロールなど多数の新機能を搭載した。デスクトップPCとして使うことも可能だ。

サムスン電子の発表会見
サムスン電子の発表会見
Bloomberg

  「S8」の画面サイズは5.8インチで、「S8プラス」は6.2インチ。両機種とも米アップルの「iPhone(アイフォーン)7」と「7プラス」より大きい。S8は4月21日に発売され、予約は発表後すぐに開始する。色はミッドナイトブラック、メープルゴールド、コーラルブルー、アークティックシルバー、オーキッドグレーの5色。

  昨年発売した「ノート7」の発火事故後の巻き直しに向け、サムスンが最も大きな期待をかけているのがS8だ。ノート7は一部機種で発火する問題が起こり、同社は販売中止を余儀なくされていた。

サムスン電子のイベント会場
サムスン電子のイベント会場
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

  サムスンのモバイル事業の李英熙(イ・ヨンヒ)副社長は、「顧客の信頼を取り戻すために、完璧に近い端末を提供できるよう最善を尽くした」と述べた。

原題:Samsung Seeks to Lure Back Buyers With Sleek S8 Smartphone (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE