採炭用米公有地リース再開に環境団体などが差し止め請求-連邦地裁

  • トランプ政権は連邦公有地の採炭向けリースの再開を決定
  • 先住民や環境団体はリース再開が連邦環境法規に違反すると主張

トランプ米政権が連邦政府所有地の石炭採掘用リースの再開を決定したことに抗議するアメリカ先住民や自然保護団体は、連邦環境法規に違反するとして差し止めを求め、米連邦地裁に提訴した。

  自然保護団体などは29日、ジンキ米内務長官が同決定に署名した数時間後に、モンタナ州グレートフォールズの連邦地裁に差し止めを請求した。ジンキ長官はまた、1年前に前任のジュエル内務長官が開始した同リースをめぐる広範な環境調査も停止した。

原題:Trump Coal Sale Plan Challenged by Environmentalists, Tribe (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE