米上院情報委正副委員長、ロシア関与疑惑で超党派の調査を約束

米上院情報特別委員会の共和・民主両党トップは29日、相互に信頼し合って、昨年の米大統領選へのロシア関与の疑惑をめぐる調査を完全に超党派で行うことを約束した。下院情報特別委の調査が両党対立で行き詰まっているのとは対照的だ。

  上院情報委のバー委員長(共和、ノースカロライナ州)はワシントンで共同記者会見に臨み、調査は「早急に決着できるものではない」と語り、「召喚状を出すつもりだ」と話した。

  バー委員長とウォーナー副委員長(民主、バージニア州)は、ロシアが来月のフランス大統領選を含めて欧州で今後行われる選挙にも積極的に関与しようとしているとし、同委調査の意義は米国内の政治問題だけにとどまらないと指摘した。

原題:Senate Panel Vows Bipartisan Russia Probe as House Bickers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE