海外主要ニュース:英EU離脱、ヘルスケア法案、米連銀総裁、WH

海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎米地区連銀総裁2人、利上げペース加速の必要性を示唆

◎米サザン傘下のジョージア電力:WHの破産申請の影響を評価中

◎バノン首席戦略官、共和党ヘルスケア法案の復活目指す-ポリティコ

◎米中古住宅販売成約:前月比5.5%上昇、2010年来の大幅な伸び

◎米下院共和党、来週再びヘルスケア法案採決目指す可能性-関係者

◎マクロン氏がルペン氏をリード-仏大統領選第1回投票の世論調査

◎サンフランシスコ連銀総裁:混乱を生じさせる市場調整もあり得る

◎ボストン連銀総裁:一部の資産市場はやや高い

◎加セノバス:コノコ・フィリップスのカナダ資産1兆4700億円で買収

◎サンフランシスコ連銀総裁:バランスシート縮小は緩和解除を意味する

◎米ブラックロック、人を機械に置き換えて株式運用事業再編-関係者

◎米スキャナ、サザンが下落-WHの破産申請で原発計画に不透明感

◎アメックス、プラチナカードの新規加入特典引き上げを計画-WSJ

◎米国議事堂外での車両による警官襲撃事件、テロとは無関係-ABC

◎トランプ大統領の信頼感、フォックスなど主要報道機関より低い-調査

◎ドイツ銀:サブプライム借り手に新たな支援検討、合意履行で-関係者

◎欧州議会、英EU離脱交渉の順序で「譲れない一線」明示-決議案草稿

◎JPモルガン:一部行員の異動は避けられない-英EU離脱で

◎シカゴ連銀総裁:センチメントの高まりに続く実質データに注目

◎チェサピークなどエネルギー株上昇、EIAの週間統計に反応

◎トランプ大統領支持団体が一大テレビ広告作戦開始、中間選挙も視野に

◎シカゴ連銀総裁:米国では金融当局の2大責務がしっかりと機能

◎東芝の米原子力子会社WH:原子炉建設計画所有者との合意承認を申請

◎イバンカさんに適用する倫理規定を明確に、議員らが政府倫理局に要請

◎サウジアラビア:4Qの実質GDP、前年同期比1.2%増-統計局

◎中国当局、国有会社の神華と大唐の合併協議を後押し-関係者

◎メルケル独首相:離脱交渉、まず議論すべきは英国のEUに対する責務

◎中国建設銀行:16年通期利益、市場予想を上回る-経費削減が奏功

◎英国のEU離脱プロセスが始まる、トゥスク大統領が正式通告受理

◎EU首脳:「秩序ある」英離脱目指す、不透明抑制に取り組む―共同声明

◎トランプ氏一族の会社、米首都で2番目のホテル開業目指す-WP紙

◎ECB、6月前の政策メッセージ変更に慎重か-ロイター

◎メイ英首相:スコットランド独立住民投票、今は実施すべき時期でない

◎シカゴ連銀総裁:年内あと1、2回の利上げを支持

◎ポンド下落、英国がEU離脱手続き開始を正式通知-ユーロも下げる

◎英国、金融を含む自由貿易協定を目指す

◎英EU離脱で一部の銀行業務は不採算に陥る恐れ-英国銀行協会

◎ギリシャ政府、債権団との暫定合意に近づく-当局者

◎EU:ドイツ取引所のロンドン証取買収阻止-事実上の独占で競争阻害

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE