中国当局は、国有石炭会社の神華集団と国有電力会社の中国大唐に合併の可能性について協議するよう要請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が未公表であることを理由に匿名で話した同関係者によると、協議は初期段階で、合意に至る保証はない。両社が合併した場合、約1兆6600億元(約26兆7200億円)の資産を有する巨大公益事業会社が誕生する。

  同関係者によれば、両社に補完関係があり、政府が進める供給側改革に一致することから、国務院国有資産監督管理委員会(国資委)は合併協議を後押しした。国資委にコメントを求めるファクスへの返答は得られていない。神華と大唐からもコメントは得られていない。

  両社のウェブサイトによれば、2015年の資産総額は神華が9314億元、大唐が7295億元。

原題:China Said to Push Merger Talks to Form $241 Billion Power Giant(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE