米国民はヘルシーな食生活という考えにとりつかれたかのようだ。ソフトドリンクの売り上げは低迷、料理は薄味になった。マクドナルドのメニューには野菜の王様ケールが登場した。

  そんな中で、究極のジャンクフード「トウィンキー」が気を吐いている。それ以外では健康的な食生活を心がける米国のミレニアルたちだが、トウィンキーは思い出の味らしい。9カ月間販売停止になっていたことも、黄金色のスポンジにふんわりクリームが挟まった罪の塊に対する欲望に拍車を掛ける。

  製造・販売元のホステス・ブランズは2回の破産を経験したが、2013年にプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社2社が4億1000万ドル(現在のレートで約460億円)で買収し立て直した。

  ホステスのビル・トーラー最高経営責任者(CEO)は「ミレニアル世代はわれわれに難題を突きつけるが、人生は一度きりだから楽しむべきだという哲学の持ち主でもある」とインタビューで話した。

  昨年のNPRの米国調査で75%が体にいいものを食べると回答。一方、ボストン・コンサルティング・グループとIRIの調査では食べたいものを食べる傾向も栄養重視に並んで強いことが分かった。中規模の米成長企業のうち、ホステスは「ギリシャヨーグルト」を製造する乳製品会社チョバニに次ぎ、2位にランクされた。

  IRIの戦略分析担当プレジデントのクリシュナクマール・デービー氏は「体によくはない食べ物の人気も依然として高い」と話す。代表格のトウィンキーは1個で130カロリー、14.5グラムの糖分を含む。

原題:Twinkies Are Riding America’s Healthy-Eating Trend. No, Really.(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE