英国の欧州連合(EU)離脱に伴いロンドンから大陸に配置転換となるバンカーは留意すべきだ。EU内の主要な金融センターで最も家賃が安いのはフランクフルトだと、不動産仲介会社サヴィルズのデータが示した。フランクフルトは従業員1人当たりのオフィススペースの費用も比較的安く、家賃と合わせると3万ユーロ(約360万円)弱とパリの半分以下だ。EU内に本拠地を求める投資銀行の中で、ゴールドマン・サックス・グループなどがフランクフルトを選好している。

原題:Frankfurt Is Cheapest Brexit Option for Housing Bankers: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE