メキシコ料理チェーン、米チポトレ・メキシカン・グリルによる食品メニューを保存料無添加にする取り組みが完了した。 評判回復および売り上げ不振からの巻き返しを図る。

  チポトレの28日発表によると、同社の米国店舗では、小麦粉、水、カノーラ油、塩、イーストといった5つの食材のみで作ったフラワートルティーヤを提供する。フラワートルティーヤはブリトーの具材を巻くために使われるが、以前は生地改良剤や保存料が添加されていた。食中毒問題を受けて同社の売り上げは急減し、評判も傷ついていたが、今回の食材見直しでライバルに対抗することを目指す。

  食材見直しは株価の押し上げ材料になった。28日のニューヨーク市場でチポトレ株は前日比2.7%高。年初から27日の取引終了まで10%上昇していた。

原題:Chipotle Purges Preservatives in Bid to Renew Foodie Image (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE