サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは新規株式公開(IPO)時に時価総額が1兆ドル(約111兆円)を突破する可能性がある。IPOに向けた投資家の呼び込みを狙い、サウジ政府が税負担軽減措置を打ち出したためだ。サンフォード・C・バーンスタインが指摘した。

  サンフォード・C・バーンスタインはアナリストリポートで、税軽減措置がアラムコの税引き後利益を300%押し上げるとともに、株主への現金還元の増加をもたらし、同社の時価総額は1兆ー1兆5000億ドルになる可能性があるとの見通しを示した。

  サウジ政府は27日、アラムコに課す税率を85%から50%に引き下げると発表。アラムコは記録的規模のIPOで、同社全体の最大5%の株式を投資家に提供する準備を進めている。

原題:Saudi Aramco Valuation Seen Topping $1 Trillion After Tax Cut(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE