ブラックロックは従来の株式銘柄選別による株式運用事業の低迷がここ数年続いていることから、クオンツ戦略への傾斜を強めている。

  関係者が語ったところによると、ブラックロックはアクティブ株式運用部門で30人以上の人員削減を実施している。53人いたファンダメンタルズ分析にもとづくファンドマネージャーのうちの5人も削減対象になったという。さらに同関係者によると、従来の株式銘柄選別で運用する2010億ドル(約22兆3130億円)から60億ドルをクオンツ運用による割安なファンドに移行する。

  ブラックロックのローレンス・フィンクス最高経営責任者(CEO)は近年数回にわたり株式銘柄選別部門の再編を行ってきたが、ここにきてコンピューターモデルやデータサイエンスがアクティブ株式運用事業の将来の鍵を握ると判断した。

原題:BlackRock Replaces People With Machines in Revamp of Stock Unit(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE