テスラ:中国テンセントが株式5%取得公表、モデル3投入に弾み

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)は届け出で、電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株式5%を保有していることを明らかにした。新型セダン「モデル3」の年内発売を目指すテスラが、テンセントの後ろ盾を得た格好だ。

  28日付の届け出によるとテンセントは、市場でのテスラ株購入と今月初めの株式発行で合計約18億ドル(約2000億円)を支払った。

  テスラのイーロン・マスク会長は28日、「テンセントを投資家および顧問に迎えることを嬉しく思う」とツイートした。

  ブルームバーグのデータによると、テンセントはこれでテスラの第5位株主となった。テンセントの馬化騰会長は今月初め、いずれ同社が自動運転車向けに人工知能(AI)技術を開発するとのビジョンを明らかにした。同社はこれまでに、配車アプリを手掛ける滴滴出行のほか、位置情報サービスの北京四維図新科技(ナビインフォ)やヒア・インターナショナルなどにも出資している。

原題:Musk Wins Tencent Backing as 5% Stake Boosts Tesla’s Cash (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE