28日の欧州株式相場は3営業日ぶりに上昇。トランプ米大統領の政策実施能力を巡る不透明感を引き金とした米国株の最近の急落が行き過ぎとの見方が広がった。鉱業株は7営業日ぶりに買われた。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.6%高の377.30で終了。原油高を手掛かりに石油・ガス株も値上がりした。自動車株指数は1.6%高と、ここ4営業日で3日目の上げとなった。

  ストックス600指数は月初来では約1.9%上げており、同期間に0.9%下落した米S&P500種株価指数のパフォーマンスを上回る。

  クレディ・スイスのグローバルストラテジスト、アンドルー・ガースウェイト氏によれば、フランス大統領選後は投資家らが欧州株を選好するようになる。今年の欧州成長率は米国と並ぶ可能性があるとみている。

原題:European Stocks Advance as U.S. Peers Halt Three-Day Decline(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE