1月の米主要20都市の住宅価格指数は前年比で上昇、2014年7月以来の大幅な伸びとなった。全米ベースでも伸びが加速した。S&P・コアロジック/ケース・シラーが28日発表した。

  米20都市住宅価格指数(前月比を除き季節調整前)は1月に前年比5.7%上昇。ブルームバーグがまとめた市場予想中央値は5.6%上昇だった。前月は5.5%上昇。

  全米ベースの価格指数は前年比5.9%の上昇。

  S&P指数委員会のデービッド・ブリッツァー委員長は「供給がタイトな状況や価格上昇で、より大きな住宅への買い換えを思いとどまらざるを得ない人もいる可能性がある」と発表文で指摘。「価格や住宅ローン金利の上昇を背景に、現行の価格水準で購入できる世帯数は少なくなっている」と述べた。

  住宅価格指数は20都市全てで前年比で上昇。上昇率が最も大きかったのはシアトルで11.3%。オレゴン州ポートランドは9.7%伸びた。

  季節調整後の月間ベースでは20都市のうちシアトルが1.7%上昇と、最大の伸び。シカゴは1.3%上昇。一方、クリーブランドでは0.1%低下した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Home Prices in 20 U.S. Cities Rise at Fastest Pace Since 2014(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE