中国の膨らみつつある債務は、いずれ国内経済を混乱させる水準だ。米投資銀行エバコア・パートナーズのエド・ハイマン氏がこうした見方を示した。

  同氏はブルームバーグテレビジョンとの27日のインタビューで、「中国は混乱しており、いずれかの時点で破裂することになるだろう。抱えている巨額の債務は持続可能ではない」と述べた。

  ブルームバーグ・インテリジェンスの試算によれば、中国の債務は国内総生産(GDP)の約264%相当に達している。ハイマン氏は中国における構造的な欠陥が、経済成長や景況感の改善といった短期的な進展を最終的に圧倒することになるだろうと話した。

  ハイマン氏は2014年、自身の会社インターナショナル・ストラテジー・アンド・インベストメント・グループをエバコアに売却。それに伴いエバコア入りした。

原題:Evercore’s Hyman Says China a Mess, to ‘Blow Up’ Some Time (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE