インテルは高性能デスクトップコンピューターで消費者を興奮させるメモリーチップメーカーという自社のルーツに立ち返る。

  半導体メーカー最大手インテルのプロセッサーは、世界で販売されるパソコン(PC)の8割に搭載されており、同社収入の大部分を占める。同社はデスクトップPCの性能を改良できる新たなメモリーチップ・パッケージ「オプテイン」を投入する。

  PCの電源を入れたり落としたりする際には通常、11の異なるプログラムが使用されるが、オプテインを搭載したPCはこうしたルーティン作業を従来よりも高速に処理する。標準的なハードドライブからプログラムをロードする際のスピードは14倍に向上するという。

  オプテインはインテルの「3D Xポイント」メモリーに基づく。インテルのプロセッサーでしか作動しないため、同社からシェアを奪取するアドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)の攻勢をはねのけることができる可能性がある。オプテインはPC市場で数少ない好調さを維持する分野に照準を合わせた製品でもある。インテルによれば、ゲーム用高性能PCは今年、約12%の伸びが見込まれており、最高性能のハードウエアの購入もいとわないゲーム愛好者が成長を後押しするという。

原題:Intel Tries to Fire Up High-End PC Demand With New Memory Chips(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE