この6年で最大の勢力に発達したサイクロンがオーストラリア北東部のクイーンズランド州沿岸に接近しており、28日中に上陸する見込みだ。数千人の住民が避難したほか、世界で最大規模の炭鉱数カ所で操業が停止された。

  オーストラリア気象局によれば、サイクロン「デビー」はグレートバリアリーフの人気の観光地であるウィットサンデー諸島を直撃しており、現地時間正午(日本時間午前11時)前後に上陸する見通し。上陸時の風速は最大時速250キロメートルと見込まれる。高潮の警戒で低地の住民最大2万5000人が避難した。

  世界最大の資源会社、BHPビリトンは27日、サウス・ウォーカー・クリークの冶金(やきん)用石炭鉱山の操業を停止すると発表。グレンコアはコリンズビルとニューランズの炭鉱の生産を一時停止する準備を進めており、27日の当局への届け出によれば、同国2位の金鉱会社、エボリューション・マイニングはマウント・カールトンの鉱山から従業員を避難させた。

原題:Thousands Evacuated as Cyclone Bears Down on Australia Coast (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE