27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。トランプ政権への期待を背景にしたリフレ取引は影を潜めている。ただ、ドルの主要10通貨に対する動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時4カ月半ぶりの低水準を付けた後、下げ幅を縮小した。

  ニューヨーク時間午後5時10分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.4%安。ヘルスケア法案が24日、採決に至らず撤回されたことから、米財政拡大を基にした世界的なリフレ取引が見直されている。

  この日のドルは逃避需要を背景に対円とスイス・フラン、英ポンドに対して特に下げた。一方、原油と商品の下落から新興市場国通貨に対するドルの下げは小幅だった。

  ドルは対円で0.6%下げて1ドル=110円66銭。対ユーロでは0.6%下げて1ユーロ=1.0864ドルとなっている。

  ドルは幅広く下げているが、対円では大統領選挙後につけた値上がり分のうち半分超を確保している。ドルは心理的に節目となる水準の1ドル=110円を維持し、109円93銭の50%リトレースメントを上回っている。

  公に話す権限がないとして匿名を条件に述べたアジアと欧州のトレーダーは、ドル買い注文が110円付近に仕掛けられていることも、この日のドル安に歯止めをかけたと話す。同トレーダーは1ドル=109円80銭で新たな注文が仕掛けられている可能性があると指摘する。テクニカル分析によると、これは11月18日に記録した安値からの支持線と一致する水準だ。

  ユーロは対ドルで一時1ユーロ=1.0906ドルと、11月11日以来の高水準まで上昇したが、その後上げ幅を縮小した。  

原題:Dollar Pares Decline to 4-Month Low in Reset of Reflation Trade(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE