欧州株:下落、米国株安に追随-米政権の経済政策実行力への不安で

27日の欧州株式相場は下落。米国株安に追随した。24日に米下院共和党がヘルスケア法案への支持を十分に集められず採決を断念したことを受け、トランプ大統領の経済政策実行力に対する疑念があらためて広がった。

  指標のストックス欧州600指数は前週末比0.4%安の375.01で終了。昨年11月以来のトランプ相場で最も恩恵を受けていた鉱業株指数はこの日、3.3%下げた。ストックス600指数は月初来では1.3%高、ユーロ・ストックス50指数は3.5%上げているのに対し、米S&P500種株価指数は1.1%下げている。

  ギリシャ株は売り浴びせを免れ、アテネ総合指数は1.7%上昇。同国が債権団と新たな支援策をめぐり合意に至るとの楽観のほか、ギリシャの銀行業績に対する改善期待が相場上昇要因となった。

  ジェフリーズの株式ストラテジストらはリポートで、欧州株は向こう数カ月にわたり米国株を上回るパフォーマンスを続けるだろうと予想。欧州企業は米企業よりも早く業績を修正させてきており、先行き不透明感を示す両地域の指数は逆の方向に向かって動いていると指摘した。

原題:European Stocks Fall as Doubts Grow Over Trump’s Tax-Cut Plans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE