フェラーリ躍進、株価が上場来高値-F1の豪州GPで久しぶり優勝

イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリの株価は、27日のミラノ市場で上場来高値を更新した。自動車レース最高峰フォーミュラワン(F1)のオーストラリア・グランプリ(GP)でフェラーリを駆るセバスチャン・ベッテルが28戦ぶりに優勝を果たした。

豪州GPでクリスチャン・ベッテル運転のフェラーリ

Mark Thompson/Getty Images

  フェラーリ株は一時3.6%高の68.5ユーロと、2016年初めにミラノ市場で上場されて以来の最高値を付けた。現地時間午後0時41分現在は前週末比2%高で、これに基づく時価総額は127億ユーロ(約1兆5260億円)となる。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)から分離・独立(スピンオフ)したフェラーリは2015年10月にニューヨーク市場でまず上場された。

  フェラーリのセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は、F1チームの改革を優先事項の一つに掲げた。ラインアップを拡充し自動車とは関係のない高級品市場への進出拡大を目指す同CEOは、ブランドイメージを支える上でレース結果を極めて重要視している。

  IGマーケッツ(ミラノ)のストラテジスト、ビンチェンツォ・ロンゴ氏は「スーパーカーメーカーにとって最高峰の自動車レースであるF1での勝利ほど重要なものはない」とし、「マルキオンネCEOの拡大計画を手掛かりに、同社株は年初からアナリストらに最も選好されており、F1での成功がフェラーリ株のさらなる上昇要因となっている」と指摘した。

原題:Ferrari Jumps to Record as Formula One Team Regains Top Spot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE