トランプ米大統領は、娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏を実業界のアイデアを使って連邦政府の官僚主義を抜本的に改革する新しい政策プロジェクトのトップに任命し、27日中にも発表する意向だ。ホワイトハウス高官が明らかにした。

  ほかの複数のホワイトハウス高官が匿名を条件に語ったところによると、クシュナー氏は新設される「アメリカ刷新局」を率い、米銀ゴールドマン・サックス・グループ前社長のゲーリー・コーン米国家経済会議(NEC)委員長ら実業界経験者が参加するという。このほかのメンバー候補としてディナ・パウエル大統領補佐官やホワイトハウス高官のクリス・リッデル氏、リード・コーデッシュ氏の名前が挙がっている。

  トランプ米大統領は選挙期間中、過剰な規制の緩和や企業運営に効果的な概念を使った政府慣例の見直しなどを公約に掲げており、その実現に向けたステップの1つと見られている。

原題:Trump Said to Tap Kushner to Lead Office to Fix U.S. Bureaucracy(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE