前アトランタ連銀総裁:年内あと2回の利上げ余地-完全雇用に近い

  • 2月末に退任したロックハート前総裁がブルームバーグに語った
  • 米GDPは1-3月は低成長だが年内加速のパターン繰り返すだろう

米アトランタ連銀のロックハート前総裁は、米連邦公開市場委員会(FOMC)には年内あと2回利上げする余地があるとの認識を示し、米経済は完全雇用に「かなり近い」ようで、勢いが加速する公算が大きいと述べた。

  前総裁は香港でのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「緩やかなペースで成長が続くとの少なくとも中期的な見通しについてFOMCはかなり強く楽観している」と指摘。「超緩和政策を若干解除し始めるのが適切だ」と語った。

ロックハート前総裁

Source: Bloomberg)

  2月末に退任したロックハート前総裁は、FOMCは後手に回っていないと主張。自らも3月の米利上げを支持していただろうと説明し、失業率4.7%の米経済は完全雇用に「かなり近い」と話した。

  米国内総生産(GDP)伸び率は1-3月(第1四半期)に1%前後と「かなり低い」可能性があるが、4-6月(第2四半期)以降に加速していく最近数年のパターンが繰り返されるとみているとも述べた。

原題:Fed Has Room for Two More Rate Increases in 2017, Lockhart Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE