米ボーイング、航空機価格を2.2%引き上げ-昨年は値上げ見送り

ボーイングは航空機の価格を2.2%引き上げた。値上げは2015年7月以来。

  同社のマーケティング担当バイスプレジデント、 ランディ・ティンゼス氏は24日のブログで「価格調整は人件費や財・サービスのコスト上昇を反映している」と説明した。

  新たな平均価格帯はボーイングのナローボディー機で最少の737ー700型機の8240万ドル(約91億円)から、座席数400超の初の双発機である777ー9型機の4億880万ドルまで。

  ボーイングは昨年、景気の不透明性に伴う需要鈍化やワイドボディー機の供給過剰に直面する中で、7年ぶりに航空機価格を据え置いた。15年には2.9%、14年には3.1%値上げしていた。

原題:Boeing Raises Jet Prices 2.2% After Skipping Increase Last Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE