ランボルギーニらしさ満載、新「ウラカンRWDスパイダー」

ランボルギーニの2017年型「ウラカンRWD(後輪駆動)スパイダー」(ウラカンLP580-2スパイダー)には、人目を引く概観、膨大なパワー、ちょっと危険な感じ、運転に伴う独特の爽快感といった近代のランボルギーニ車に欠かせない要素が詰まっている。

ウラカンRWDスパイダー・クーペ(販売価格はクーペが19万9800ドルから;コンバーチブルが21万9780ドルから)

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

  コンバーチブルタイプは、時速31マイル(約50キロメートル)までなら走行中でも17秒でルーフが開閉できる。580馬力のV10エンジンのうなりを聞きながらランボルギーニを運転していることをアピールするなら、ルーフ全開運転がもってこいだ。

ウラカンRWDスパイダー・クーペ

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

  ウラカンRWDスパイダーに最も近い競合車種は「フェラーリ488GTB」と「マクラーレン675LT」(いずれもRWD)だが、それらと比べると走りも独特。マクラーレンは脳外科医のように精密で、フェラーリがオペラのように美しく走るとすれば、このランボルギーニは映画「ワイルド・スピード」に出演するような走りだ。気まぐれで意固地。レース用の「コルサ」、日常使用の「ストラーダ」、オーバーステアの挙動を試す「スポーツ」という3つのドライブモードを用意している。

曲線がなく、とことん鋭角的なランボルギーニらしいデザイン

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

  最高速度が時速199マイル(約320キロメートル)で、静止状態から3.6秒で時速62マイルに達するウラカンRWDスパイダーだが、混雑する米ロサンゼルス近郊で低速走行を余儀なくされた時、オーバーヒートすることも、ゴロゴロと音を立てることもなかった。またステアリングはとても軽く、指でも操作できる。こうしたことはマイナーな利点ではあるが、従来モデルと比べて日常使いにも格段に利用しやすいモデルと言える。

コックピットを連想させる車内。フラットボトムのハンドルは目を引くレモンイエローのステッチ入り。スタートボタンは赤いフリップケージの下にある

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

ルーフを付けても低いフォルムを維持

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

スチール製のブレーキディスクには固定されたアルミ製のモノブロック・キャリパーがある。ピストンは前方に8つ、後方に4つ

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

アルカンターラ素材を用いた座席。後部座席はない

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

座席の後ろにある小さなガラスのついたては、ルーフ全開時の強風を和らげる工夫

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

リア・スポイラーを一体化した、アルミおよび合成素材製の車体

Photographer: Hannah Elliott/Bloomberg

原題:The New RWD Huracán Is Everything a Lamborghini Should Be(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE