NY外為(24日):ドル下落、ヘルスケア法案採決中止-対円は上昇

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場ではドル指数が値下がり。ただ終盤に大きく下げを縮めた。米下院共和党は、この日予定していたヘルスケア法案の採決を断念した。

  米下院共和党は24日、トランプ大統領の指示を受けて医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の採決を中止した。大統領は前日、議席を失いたくないなら法案を支持せよと共和党議員に迫っていたが、最新の法案に反対する共和党議員の数は減るどころか増えていた。

  共和党首脳部の側近によると、ライアン下院議長は採決予定時刻の間際にトランプ大統領から電話で要請を受け、採決中止とした。

  ユーロは値上がり。域内の総合購買担当者指数(PMI)速報値が市場予想に反して上昇したことを受けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下。週間でもマイナスとなり、これで2週連続での下げとなった。

  ドルは対円では0.4%高の1ドル=111円34銭。午後は一時軟調な展開となっていたが、下院共和党による法案採決の断念を受けてショートカバーが入った。

  ドルは対ユーロでは0.1%下げて1ユーロ=1.0798ドル。

  この日は薄商いの中、ユーロは午前中、1ユーロ=1.0800ドル前後での推移が続いた。その後、ヘルスケア法案の採決が遅れる可能性があるとの見方を背景に、一時この日の高値に上昇する場面があった。

原題:Dollar Drops to Fresh Low on Uncertainty About Health-Care Vote(抜粋)
原題:USD/JPY Climbs Past 111.20; Short Covering on Health Vote Halt(抜粋)
原題:GOP Cancels Health-Care Vote at Trump Request as Lawmakers Balk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE