スペインBBVA、国内130支店を追加削減-年内で支店8%閉鎖へ

スペインのバンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)は、年内に国内で130支店を追加削減する。従来型金融機関の他行と同じく、インターネットバンキングを強化する。

  BBVAは23日遅くの発表文で、この削減は2月に閉鎖した132支店に上乗せする形になると説明。これで同行は今年、国内支店網の8%を閉鎖することになる。残る国内支店数は3044カ所と、国内2位。

  BBVAは低金利とスペイン国内の低調な資金需要に対処するため、インターネットバンキングと新興市場に活路を見いだそうとしている。同行のフランシスコ・ゴンサレス会長は先週、アップルやフェイスブックなどの企業が「どちらかといえば早期に」銀行業に参入し、従来型銀行の大半は消えてなくなるだろうと危機感を表明していた。

  同行は大半の行員について雇用を保証するよう努めるとしている。

原題:BBVA to Close 130 More Branches in Spain in 2017 on Digital Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE