ロシア中銀、昨年9月来の利下げで金利9.75%に-大方の予想外

ロシア銀行(中央銀行)は24日、昨年9月以来の利下げを発表した。中銀は先月、1-6月(上期)中の利下げ余地を疑問視するガイダンスを示していたため、引き下げは大方のエコノミストにとって予想外だった。

  政策金利の1週間物入札レポ金利は0.25ポイント引き下げられ、9.75%となった。ブルームバーグの調査に答えたエコノミスト41人中、0.25ポイントまたは0.5ポイントの利下げを見込んでいたのは11人で、残りは据え置きを予想していた。

  中銀は声明で、「インフレは予想以上に減速しインフレ期待も低下が続いている。経済活動は回復しつつある」とし、「第2、第3四半期に段階的に金利を引き下げる可能性」はあるとの認識を示した。

原題:Russia Surprises With Rate Cut as Inflation Quest on Track (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE