安倍首相:籠池氏の証言は「遺憾」-寄付など事実に反する内容

更新日時
  • 職員は財務省に事務的問い合わせ、不当な圧力ではない-安倍首相
  • 野党4党は昭恵首相夫人の証人喚問要求、安倍首相は否定的

安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長の国会での証言内容は事実と反する内容があり、極めて遺憾との認識を示した。学園への国有地売却や小学校開校の認可への関与もあらためて否定した。

  安倍首相は籠池氏が主張する昭恵首相夫人からの100万円の寄付について「密室でのやり取りなど反証できない事柄を並べ立て、事実と反することが述べられたことは誠に遺憾だ」と指摘。その上で、「国有地売却や学校認可について私も妻も事務所も全く関与していない。そのことは明確に申し上げておきたい」と語った。西田昌司氏(自民)への答弁。

  籠池氏は23日に衆参両院の予算委員会で行われた証人喚問で、2015年9月に自身の経営する幼稚園の園長室で2人だけになった際、昭恵夫人から100万円の寄付を受け取ったと証言。国会で国有地売却が取り上げられるようになった後、昭恵夫人から「口止めとも取れるメールが届いた」とも語った。

  安倍首相は24日の参院予算委で、「メールで口止めしたと籠池氏がおっしゃっていることは極めて遺憾」と述べた上で、「悪意に満ちたものである」と指摘した。

証人喚問

  籠池氏の証人喚問を受け、民進、共産、自由、社民の野党4党は24日の国対委員長会談で、昭恵夫人、大阪府の松井一郎知事らへの証人喚問を与党側に求めることで一致した。民進党の山井和則国対委員長は昭恵夫人について「口利きをしたのではないかという疑惑が出てきている」と指摘した上で、昭恵夫人と籠池理事長の言い分と「どちらが真実か明らかにする必要がある」と語った。同氏の記者団への発言場面を民進党がウェブサイトに掲載した。

  一方、安倍首相は参院予算委で、籠池氏が喚問されたのは補助金の不正など刑事罰に関わる行為があったかどうかを解明するためであり、昭恵夫人については「私や妻はそうではない訳だから、それなのにまるで証人喚問に私とか妻が出ろということは、おかしな話」と否定的な考えを示した。福山哲郎氏(民進)への答弁。


「事務的問い合わせ」

  籠池氏は大阪府豊中市の国有地取引をめぐり、昭恵夫人に定期借地契約の期間延長などで協力してもらうため、携帯の留守電にメッセージを残したが、その後、夫人付きの政府職員から現状では希望に沿うことはできないとファクスで返答があったことを明らかにした。証人喚問後、都内の日本外国特派員協会で行った記者会見では、国有地取引は「このことで物事が大きく進み始めた」と語った。

  安倍首相は24日の参院予算委で、首相夫人付き職員の対応について「事務的な問い合わせ」であり、「依頼とか働き掛け、もちろん不当な圧力では全くない」と発言。その上で、「経緯については私の妻に報告したということ。土地の売買や学校認可には全く関わりがない」と説明した。

  参院予算委では森友学園への国有地売却を決定した当時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹国際局長も参考人として答弁。迫田、武内両氏とも国有地売却をめぐり、国会議員や秘書から直接の問い合わせはなく、政治的な配慮はなかったと発言した。
  

フェイスブック

  昭恵夫人は23日夜、自身のフェイスブックへの投稿で、籠池氏が証言した100万円の寄付や講演料の受け取りを否定した。夫人付き職員が籠池氏に送ったファクスについては「回答する旨、当該秘書から報告をもらったことは覚えています」と指摘しながらも、「お断りの回答をする内容であったと記憶しています。その内容について、私は関与しておりません」としている。

  森友学園をめぐっては、大阪府豊中市の国有地売却問題、安倍首相夫妻や稲田朋美防衛相との関係などについて野党が政府側を連日追及している。読売新聞が18、19両日に実施した世論調査で安倍内閣の支持率は56%で、2月調査の66%から10ポイント低下した。

  政治評論家の森田実氏は籠池氏の証言を受けた今後の政局の見通しについて「自民党は安倍首相を何が何でも守りぬこうとするだろう。力ずくでも何もなかったことにしようとするだろうが、無理がある」と指摘。その上で、「おそらく安倍首相への国民の信頼、支持はどんどん減っていく。安倍首相は長期政権を夢見ているが、怪しくなってきた」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE