米下院共和党指導部はトランプ政権からの圧力を受け、24日にヘルスケア法案の採決を行う方針だ。トランプ政権の当局者は、同法案への態度を保留する保守派との議会での非公開会合で、緊急性を訴えた。

  ホワイトハウスのバノン首席戦略官は会合後に記者団に対し、採決が行われ、その結果を目にすることになると述べた。共和党指導部は23日に予定されていた修正ヘルスケア法案の採決を延期していた。

  複数の議員とスタッフによれば、修正ヘルスケア法案には、医療保険プランに特定の基本サービスを盛り込むよう義務付けた医療保険制度改革法(オバマケア)の規定を撤廃する条項が含まれる。この条項をめぐって共和党保守派がホワイトハウス高官と交渉していた。

  トランプ大統領の上級顧問は、採決のこれ以上の遅れは認められないとの大統領のメッセージを共和党の指導部や議員に伝えた。

  トランプ大統領に近いクリス・コリンズ下院議員は「われわれはあす採決する必要があり」、トランプ大統領は「可決を期待している」とした上で、「われわれは交渉を終えた。もう交渉はない」と発言。「法案が否決されれば、われわれは税制改革へと進む」と説明した。

  下院共和党保守派のグループ、「下院自由議員連盟」を率いるマーク・メドウズ議員は、採決が予定されているにもかかわらず、ホワイトハウスとの交渉が終わったとは考えていないと述べた。ホワイトハウスと共和党指導部は同連盟が求めた医療保険の基本サービス規定廃止に同意したが、他の規制の撤廃・緩和については要求をはねつけた。
  
原題:House GOP Plans Friday Health Bill Vote After Trump Pressure (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE