23日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が上げ下げを繰り返す展開となった。市場では共和党のヘルスケア法案の見通し関心が集まっている。

  トレーダーらによれば、この日の取引の流れはファストマネーの動きが主導した。中でも円とポンドの値動きが活発だという。ドルはオーストラリア・ドルに対して最も上昇した。米下院で23日中の実施が予定されていたヘルスケア法案の採決は延期された。共和党議員の間で議論が続いている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比ほぼ変わらず。ドルは対円では0.2%下げて1ドル=110円94銭。対ユーロでは0.1%上昇し1ユーロ=1.0783ドル。

  市場はヘルスケア法案の行方を見極めようと、議会の動きに注目している。米下院指導者は23日、ヘルスケア法案の採決を延期した。トランプ政権は共和党で同法案への態度を保留している議員の支持を得るための提案を行い、保守派が検討している。

  下院は同日、法案を採決の予定だったが、共和党の関係者は採決が延期されたと述べた。共和党の指導者は採決が現時点で24日に行われる可能性があるとしている。

  ドル・円相場は、ヘルスケア法案の見通しを考慮した取引では方向性はより明確だが、この通貨ペアは米国債利回りの動きに敏感なことから、この日も10年債利回りから影響を受けた。ドルは円に対し、早い段階で年初来安値に下落。共和党がこの日午前中に予定していたヘルスケア法案に関する会合を延期したことに反応した。午後には下院指導部が、ヘルスケア法案の採決延期を決定した。

  米国債利回りはこの日、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が年内に3回か「もしかしたらそれ以上」の利上げが理にかなうと発言したと報じられた後、上昇した。

  ポンドは対ドルで上昇し、一時1ポンド=1.2531ドルを付けた。2月の英小売売上高が市場予想を上回ったことに反応した。

原題:Dollar Struggles to Rise Amid Uncertain Fate of Health-Care Bill(抜粋)
原題:GOP Delays Health Vote as Holdouts Weigh White House Offer (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE