米下院指導部は23日、オバマ前政権の医療保険制度改革法(オバマケア)を改廃する法案の採決を延期した。トランプ政権は同法案への態度を保留している共和党議員の支持を得るための提案を行い、保守派がそれを検討している。

  同日予定されていた採決の延期を受け、オバマケア改廃の公約を共和党とトランプ政権が果たせるかどうか新たな疑問が生じている。ホワイトハウスのサンダース報道官は、24日午前の法案通過を見込んでいると述べた。

  共和党の穏健派は、同法案が成立すれば無保険者が大幅に増えるとの試算を懸念。一方、保守派はより完全なオバマケア撤廃を求めている。採決の延期は、党内の根深い意見の相違を埋めることの困難さを浮き彫りにした。

  米議会予算局(CBO)は23日、共和党指導部が今週盛り込んだ修正を反映させるため、オバマケア代替案が連邦財政赤字を減らす効果に関する新たな試算を公表した。それによると、10年間で財政赤字は1500億ドル(約16兆6500億円)減少する見込み。赤字減少幅の推計は、従来試算の3360億ドルから1860億ドル縮小した。

  下院共和党の保守派議員から成る「下院自由議員連盟」を率いるメドウズ議員(ノースカロライナ州)は23日午後、前進しつつあるが、同連盟はホワイトハウスの提案を引き続き検討しているところだと説明。「われわれはゴールに達するだろう」と述べた上で、提案の文言は「情報に基づいた良い決断を下すには十分な形とはなっていない」と指摘した。

メドウズ下院議員
メドウズ下院議員
Photographer: Mark Wilson/Getty Images

  採決の延期を受け、米S&P500種株価指数はマイナスに転じた。自由議員連盟がこの日、ホワイトハウスでトランプ大統領と会合した後、メドウズ議員は同連盟がまだ合意に至っていないと述べた。

  オバマケアが医療保険に含めることを義務付けている基本的なサービスを巡り、トランプ政権は自由議員連盟への最終的なオファーだとして、個人保険をこの義務の対象から外すことなどを提案した。ホワイトハウス当局者が匿名を条件に明らかにした。

  現行の共和党案よりも幅広いオバマケア改廃を求めている自由議員連盟は23日、この提案について協議するため会合を開いた。下院穏健派のグループもトランプ大統領と同日中に会う予定となっている。

  スパイサー大統領報道官は23日、「大統領は多くの共和党議員に電話している。この法案は当初からまさに共同努力となっている」と記者団に語った。

原題:GOP Delays Health Vote as Holdouts Weigh White House Offer (4)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE