米ゴールドマン・サックス・グループは欧州株式投資ファンドの1つの閉鎖を決定、それに伴い国際株式投資を率いるスネイル・マヒンドル氏をロンドンからニューヨークに配置転換する。事情を知る関係者が明かした。

  情報が公開されていないという理由で匿名を条件に語った関係者によると、アセット・マネジメント部門のマネジングディレクターであるマヒンドル氏および同氏のチームの一部はニューヨーク本社三階にデスクを構えることになる。チームは10人弱の構成。残りはロンドンから移らず、所属部門をかわるか、退社する可能性があるという。ゴールドマン広報担当者、アンドルー・ウィリアムズ氏はコメントを控えた。

  同関係者によると、閉鎖するのはゴールドマンはヨーロピアン・エクイティー・パートナーズ・ファンド。十分な投資資金が集まらないことや、他の同様の戦略が人気を集めていることが理由という。同社資料によるとこのファンドは2月末の時点で、3億6600万ユーロ(約437億9924万円)を運用していた。

原題:Goldman Said to Shut London Equity Fund, Move Mahindru to NYC(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE