中国主導のアジアインフラ投資銀、新たに13カ国・地域の加盟承認

  • 加盟数は計70カ国・地域に-G7でメンバーでないのは日米のみ
  • さらに10を超える国・地域が加盟承認を待っている-報道官

中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、新たに13カ国・地域の加盟を承認した。

  これで加盟国・地域は計70となる。主要7カ国(G7)でメンバーでないのは日本と米国のみ。AIIBが23日発表した声明によると、一定の手続きと資本金払い込み後に加盟が完了するのはアフガニスタンとアルメニア、ベルギー、カナダ、エチオピア、フィジー、香港、ハンガリー、アイルランド、ペルー、スーダン、東ティモール、ベネズエラ。

  トランプ米政権が対外援助の削減や国際機関への関与縮小の方針を示唆する中、AIIB加盟国・地域が増えていることは、国際舞台における中国の役割拡大を示す。

  AIIBのローレル・オストフィールド報道官は北京での記者会見で、さらに10を超える国・地域が加盟承認を待っていると述べた。

原題:China-Led Development Bank Adds More Members in Status Boost (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE