トランプ政権が保守派支持求めヘルスケア法案の見直し検討

更新日時
  • 保守派の自由議員連盟、10項目の保障内容を義務付けた規定に反対
  • 共和党首脳部、23日午前予定されていた保守派との会合延期

共和党ヘルスケア法案の下院採決が迫る中、ホワイトハウスは同案の通過を確実にするため、法案への反対姿勢を崩さない議員の取り込みを狙い、法案見直しについて下院の保守派と協議している。

  事情に詳しいホワイトハウス当局者によれば、下院議員とトランプ政権当局者は、保険プランに10項目の保障内容を盛り込むよう義務付けた米医療保険制度改革法(オバマケア)の規定を共和党案で修正することを議論している。同当局者によると、この規定の修正を求めている共和党保守派の下院議員から成る「下院自由議員連盟」の議員らが23日にホワイトハウスを訪れる予定。下院は同日の法案採決を予定している。ただ共和党指導部は23日の午前中に予定していた会合を延期した。

  下院自由議員連盟を率いるマーク・メドウズ議員は23日朝の電子メールで、「われわれは対応が必要な分野を認識しており、合意を見いだせるよう引き続き取り組んでいる」と説明。「下院通過に必要な賛成票があると示唆するのは時期尚早だ」と付け加えた。

原題:Trump Floats Health Bill Changes to Win Over Conservatives (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE