海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎ロンドンの議事堂付近でテロ-犯人含め4人死亡、20人以上けが

◎米アメリカン航空、中国南方航空への出資で交渉進展-関係者

◎米スナップ株急伸、一時9%高-アナリスト2人が「買い」推奨

◎ロンドンの住宅値上がり終焉へ、売り手はまだ上がると期待-チャート

◎米スキャナとサザン、総額85億ドルの費用超過か-WHとの原子炉契約

◎NZ中銀:政策金利を過去最低水準に維持-不確実性多いと指摘

◎AT&T:グーグルから一部広告引き揚げ-ユーチューブ問題解決まで

◎ウェルズ・キャピタルのポールセン氏、5月に退職へ-勤続20年余り

◎オバマケア代替案、保守派議員がなお反対-トランプ氏は説得に努める

◎銀行株は反発の可能性も、ヘルスケア法案成立見通し次第では-KBW

◎ポピュリズム、経済への影響力は金融・財政政策上回る公算-ダリオ氏

◎エクソン、ティラーソン米国務長官の電子メール1年分紛失-NY州

◎英EU離脱交渉は合意なく早期終了の可能性も-EU当局者が警告

◎21日の株安、知るべきことはすべてVIXが教えてくれる-マクロ分析

◎米シアーズ株急落、企業としての継続能力に「著しい疑問」と届け出

◎独ダイムラー従業員が取り調べ受ける、排ガス不正の疑いで-関係者

◎デイセルブルム氏:欧州南北分断を連想させたことは遺憾、発言を弁明

◎ガートマン氏:「非常に久しぶり」に株を空売り

◎米PPG:蘭アクゾとの協議になお前向き-新たな提案拒否後も

◎2月米中古住宅販売:前月比3.7%減、在庫は前年比で減少-価格上昇

◎ヘッジファンドのダルトン、新生銀に2000億円の自社株買いを提案

◎航空業界の投資判断引き下げ、「価格崩落」で-モルガン・スタンレー

◎米国防総省、トランスダイムに関する下院議員からの書簡を評価中

◎バレックス、東芝メディカルと価格協定を更新-CT画像システム向け

◎米レナー株の押し目買いを、1Q決算後の売りは正当化されず-RBC

◎アマゾン、ドバイのスーク・ドット・コム買収で合意-ナショナル紙

◎米GE、コスト目標引き下げ-ペルツ氏率いるトライアンからの圧力で

◎ベスト・バイやターゲット、アマゾンの「餌食に」-バーンスタイン

◎サウジアラビア格付け「A+」に引き下げ、従来「AA-」-フィッチ

◎トランプ氏の元選対本部長、05年にプーチン政権協力を約束か-AP

◎ポンドは下落継続へ、英国の貯蓄率上昇までは-ファンド運用オデイ氏

◎米韓両国、北朝鮮に「強力な懲罰的措置」へ-挑発継続なら

◎プーチン大統領、ナビウリナ中銀総裁の再任を推薦-任期5年延長へ

◎米自動車価格の伸び悩み継続へ、下落に転じる可能性も-バッキンガム

◎デイセルブルム氏の議長職継続を容認できない-ポルトガル首相

◎米FHFA住宅価格指数:1月は前月比変わらず-予想0.4%上昇

◎ING株下落、マネーロンダリングなどで刑事捜査-巨額罰金の可能性

◎ベステアー欧州委員、デイセルブルム議長の「飲酒・女性」発言を叱責

◎仏大統領選挙:フィヨン氏の支持率が上昇-オピニオンウェイ調査

◎世界のアート市場、2年連続で縮小-16年の売上高が11%減少

◎英RBS、ロンドン以外の拠点を強化する必要がある-デービーズ会長

◎中国テンセント:16年10-12月利益、予想下回る-コスト増と競争激化

◎ポンドは1.2ドルまで下落も、景気減速で-ゴールドマンのウィルソン氏

◎ロシア中銀:半年ぶり利下げか、大手銀の見方分かれる-24日決定

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE