トランプ米大統領とライアン下院議長は医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の本会議採決を23日に控え、法案可決を阻む保守派議員グループの取り込みに努めている。

  共和党の保守派メンバーで構成する「下院自由議員連盟」を率いるマーク・メドウズ議員は22日、ホワイトハウスでの会合後に記者団に対し、「法案に関してまだ懸念がある」と発言。「可決するための十分な票はない」と述べた。

  採決の延期を見込んでいるかどうか問われると、「それは下院議長への適切な質問だ」とかわした。

  下院自由議員連盟のファラー報道官は同グループのメンバー25人以上がまだ反対していると、ツイッターに投稿。これは法案否決に十分な数だ。ファラー氏はその上で、共和党首脳部は「仕切り直すべきだ」と続けた。

  トランプ大統領は22日午前、同法案に関していまだ懸念を抱いている約10人の共和党議員と会談した。

  以前に下院自由議員連盟を率いていたジム・ジョーダン下院議員(オハイオ州)は22日朝、MSNBCに対し「法案が可決するための十分な票はないと思う」と発言。「われわれは大統領の成功を望んでいるが、それで法案の中身が変わるわけではない」と付け加えた。

原題:Trump Woos Health Bill Holdouts But Conservatives Still Opposed(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE