エクソン、ティラーソン米国務長官の電子メール1年分紛失-NY州

  • 偽名「ウェイン・トラッカー」のアカウントを使用
  • エクソンは「まれな出来事」と州裁判官に説明

米エクソンモービルはティラーソン米国務長官が最高経営責任者(CEO)だった当時の1年分の電子メールを紛失した。同長官は「ウェイン・トラッカー」という偽名で、気候変動リスクなどについて語っていた。ニューヨーク州の顧問弁護士が裁判官に報告した。

  ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官によると、当時のティラーソンCEOは取締役にデリケートなメッセージを送る際は別名アカウントを使用していた。同長官はエクソンが気候変動の同社事業に対する影響について、長年にわたり投資家を欺いていたかどうかを調査している。

  州裁判所はシュナイダーマン長官の求めに基づき公聴会を開催中。それに先だってエクソンは裁判所に文書を提出し、この紛失は同社の「マイクロソフト・エクスチェンジ」システムの通常の設定で起こった「まれな出来事」と説明した。

 

Related ticker:
XOM US (Exxon Mobil Corp)

原題:Exxon Lost Year of Tillerson’s ‘Wayne Tracker’ Emails, N.Y. Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE