ドイツの自動車メーカー、ダイムラーの複数の従業員は、ディーゼル車の排ガス不正の疑いでドイツ検察当局の取り調べを受けている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者によれば、シュツットガルトの検察官が21日に調査を開始した。ダイムラーの広報担当、イエルク・ホーウェ氏は、当局による従業員の取り調べを把握していないと語った。

  独紙ツァイトはこれより先に、ダイムラーの従業員がシュツットガルトの検察官に同社が排ガス試験で不正を働いた可能性があると通告したと報じていた。ダイムラーはこの報道に対し、同社製自動車は運輸省などの当局の検査を受けており、規則違反はないと述べていた。

  シュツットガルト検察当局のホルツナー報道官は、ダイムラーによる排ガス不正と虚偽広告の疑いをめぐり同社従業員への取り調べを行っていると語ったものの、詳細は明らかにしなかった。

原題:Daimler Employees Said to Be Probed Over Diesel Allegations(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE