中国は短期融資の担保に社債を使う要件を厳しくする方針で、これにより利回り追求型の投資家は損失を被る可能性がある。

  事情に詳しい複数の関係者が21日語ったところによれば、中国証券登記結算(CSDC)は金融機関が短期融資の担保に使える社債を「AAA」格付け債に限定する計画。国泰君安証券のアナリストらは、この計画で同水準を下回る格付けの債券の流動性が低下し、そうした低格付け債の利回り上乗せ幅(スプレッド)が大きくなる可能性が高いとみている。

  国泰君安のチン・ハン、リウ・イ両氏は22日のリポートで、「さまざまな期間と格付けの債券のスプレッドが中長期的に、最近の低水準から再び大きくなるだろう。投資家は格付けが低めの債券に高めの流動性プレミアムを求め、それに伴ってスプレッドが拡大する公算が大きい」と指摘した。

  CSDCにファクスでコメントを求めたが、返答はなかった。

原題:China’s New Bond Rules Seen Threatening Losses for Yield Hunters(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE