トランプ氏に盗聴の主張撤回促す共和党議員、相次ぐ-FBI証言受け

米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が、トランプ大統領が選挙期間中に盗聴されていたという主張を裏付ける証拠はないと議会証言したのを受け、大統領に主張撤回を促す共和党議員が相次いでいる。

  ジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州)、穏健派のチャールズ・デント下院議員(ペンシルベニア州)はともに、オバマ前大統領がトランプタワーを昨年の選挙期間中にスパイしていたとのトランプ大統領の言い分を取り消すよう求めている。

  「トランプ氏はオバマ氏が背後にいるという証拠を示さない限り撤回すべきだし、明らかにそんな証拠はない」とマケイン議員は21日、記者団に述べた。デント議員は「そう、彼は撤回すべきだ。私が彼の立場だったら、間違いなく謝罪しているだろう」と米ニュース専門局MSNBCで20日夜に語った。

  ピーター・ キング下院議員(ニューヨーク州)とジェフ・フレーク上院議員(アリゾナ州)も同様の発言をしている。

  上院外交委員長のボブ・コーカー議員(テネシー州)は21日、FBI長官が盗聴を否定する証言をしたことでホワイトハウスの信用が傷つくか尋ねられ、「主張には当初からそんなに信用があったわけではなく、昨日と大きく違うことはないと思う」と話した。

原題:More Republicans Call for Trump to Retract Obama Wiretap Claims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE